FC2ブログ
コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

『何科』で診てもらうか!?

私が、なぜ「アルコール依存症アルコール中毒)」であると判明したかは、前回のブログで書いた通り、「久里浜式スクリーニングテスト」によるものでる。

しかし、大抵の「アルコール依存症アルコール中毒)」の人たちは、テストをやってみても、「自分は大丈夫!!」なんて、「酒のない生活」に引きずり込まれることを嫌って、『否定』する。

実際、私もそうだった。

当時、勤務していた会社の年1回の健康診断でも、「要、再検査」などという判定がでたことは1度もなかった。

ちなみに、よく言われる肝機能の状態を測る項目として「γ-GDP」というものが話題になる。この数値は、男性だと「12~87」女性の場合は「10~40」が「基準値」である。

私の場合、暴飲していた当時でも、大体その数値は「120」ぐらいで、医者に言わせれば、「週に2日ぐらいは“休肝日”を作るようにしてくださいね」ぐらいなもので、ことさら、「すぐに入院しなさい!」なんてことはなかった。

私が、「アルコール依存症アルコール中毒)」の治療のため、病院に行き、本当にちゃんとした「治療=“断酒”をしなければいけない」、「それも早急に」という判断を下されたのは、「神経科心療内科)」であった。

周囲の人間から、最初に「ちゃんと病院で診てもらったら」という懇願とも言えるような声に対して、「会社の健康診断でも、もう、何年も“問題ナシ”」って出ているし」という言葉で抵抗した。
それでも、あまりにその声が日に日に強くなるので、仕方なしに、某大学病院の“総合内科”に言って検査をしてもらった。

たまたまではあるが、当日、診察してくださったのは、その某大学病院の内科の“部長先生”だった。そして、採決、検尿などを経た結果を見て、その部長先生がおっしゃられたのは、やはり「異常ナシですね」の一言だった。付け加えていうならば、「まぁ、ちょっとγ-GDPが高めですから、週に2日ぐらいは“休肝日”を作ってくださいね」と、これまでと何ら変わりの無い言葉だった。

「ほら、ちゃんとした、大学病院の部長先生が診てくださったんだから、問題ないですよ」と、それまで心配してくれていた人たちに対し、その結果表を、これ見よがしに見せながら、仕事を続けていた。

しかし、それでも周囲の人間は、何度も何度も「大丈夫か!?」というので、再度、同じ病院の「神経科心療内科)」で受診することにした。


実は、その時点で「即、治療しなさい」と言われることはわかっていたのだが。


アルコール依存症アルコール中毒)」は、「内科では判定されない」ということと、本当に診てもらうのならば、「神経科心療内科)」で、」診察を受けなければならないのだ。

だから、もし、あなた、もしくは家族が「アルコール依存症アルコール中毒)はないか!?」と心配を抱えているのならば、近所の内科系の町医者で診察してもらうのではなく、「神経科心療内科)」で診察してもらうことを強くお勧めする。


GoogleでもYahoo!でもなんでもいいので、「アルコール依存症」「診察」「●●●(お住まいの地域名)」をキーワード入力して、検索してみればいい。

意外に身近な病気だから、それらの治療を得意としている病院は結構、あるのだ。

アルコール依存症アルコール中毒)」からの脱出は、まず、その一歩から、なのである。

スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
このページのトップへ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。